HepBurnのイチオシの機械紹介です

サイトマップ
HepBurnの工房支援

ヘップバーンお勧めのサンドブラスト装置の紹介

私のオススメのブラストマシンをご紹介いたします。
エッチングガラス工芸用としては、ベストな機能をもった本格サンドブラスト機です。
ブラスト機能の充実が良い製品を作り出す大きなポイントです。詳細をご覧下さい。
ものすごく良い機械だと私は絶賛しています。
これまで数台のサンドブラスト機械を使ってきましたが、下記の装置にはとりこにさせられました・・・
砂の消費が少ないというランニングコストにも優れています。


後ろ側

右サイドのやや後方より撮影したものです。
取り入れ口は出来るだけ砂が吹き出ない構造になっています。
取り出し口の下に砂受けが付いていて心配りを感じます。

前面操作スイッチです。
一番使いやすい位置にエア圧力調整が付いているのがおすすめ・・。
右の黒いレバーで調節いたします。
レギュレターと空気圧計をこの位置にセッティングされているところがうれしいですね。
通常は市販レギュレターを途中に入れているだけですからね・・。


集塵機部分

後部に一体となって付いた集塵機!
実はおすすめの重要ポイントです。
集塵機が一体化されていてこそサンドブラスト機と言えます。 ブラストBOXではありません。
ブラストBOXをブラスト機械と思われ購入されているのが現状ですが、じっくりご覧頂き違いをご理解頂きたいところです。
集塵機を一体化させることとホースで別付けしたものとではメリットがあまりにも違い過ぎます。
価格にみ合った非常にコストパフォーマンスの高いブラストマシンです。
ちゃんとした粉塵対策が出来るのと、細かな砂が使えるというメリットが特に素晴しいところ・・・。

サイクロン

こちらはサイクロン式集塵の心臓部。
400番になって微粉廃棄されるまで循環します。
(私は320番でブラストしています)
私は150番手の砂を推奨していますが、 通常の集塵機ですと使っていても直ぐに集塵と一緒に吸い取られてしまいます。
100~120番手の砂では従来と違い、これからのエッチングには不適格になりつつあります。
細かな砂を使えると細い線がきれいに表現できます。 1~2Kgの砂でOK。実の効率の良い集塵方法です。
ハイテク産業で使われる産業用ブラスト機(吸い上げ式)には全て付いているものです。
素晴らしいサンドブラスト装置はここがポイント

ブラストガン

作業室内です。
手持ちでブラスト作業を通常致しますが、画像のように固定するアームも取り付けられていて、
加工物によっては両手で作業することが可能です。

研磨剤の噴射調節部分

砂の量を調節を致します。
砂が多すぎると砂の上に砂を吹き付けるサンドオーバーという悪循環をしてしまいます。
ただ砂が出れば良いというものではありません。
バイク修理のバリとりではありませんので、決め細やかな調節がガラス工芸には必要です。
砂量と空気圧を調節できると、取り組める作品に幅が出ます。

ブロア部分

集塵機を最大限に活かすブロアです。
機械にマッチしたブロアは大切です。
適度な集塵の重要性は当たり前のようですが、そう簡単にはいかないものです。
このブラスト機は天井部に空気吸い込み口が取り付けられていて、うまくブロアとマッチさせています。

集塵の掃除をします

後部集塵機のシェイキングレバー。
下のキャップを外すと集塵物が落ちる仕組みになっています。
大型集塵タンクも心強いですが、 扱いやすさがきっと満足して頂けると思います。

価格  820,000円 + 消費税


<機械の販売について> オーダー頂きまして約3週間から1ヵ月後の納品となります。
コンプレッサー等、使われる方に合わせたノズル設定を行います。
サンドブラストは様々な分野で行なわれています。
弊社では主にガラスを中心とした材料に彫刻をしています。
あなたに合った作品作りが出来ますように応援いたします。

マスクの製版のご指導まで・・

サンドブラスト装置やガラスエッチング工房についてのお問合せはなんなりと申し付け下さい。
私の分かる範囲になりますが、ご協力できるところも多いはずです。

<株式会社不二製作所 販売代理店>
ガラスエッチング関係の仕入れ先と販売にご利用下さい
ブラスト装置・資材販売マスクフィルム販売・指導

工房開業を支援するHepBurn
Copyright © 2013 サンドブラストの有限会社ヘップバーン All Rights Reserved.