サンドブラストをよりきれいにより高度精度に行うべく新たに登場した、マスキングフィルムです

サイトマップ
HepBurnの工房支援

サンドブラスト用ドライフィルム MS8100⟨間接法用

待望のサンドブラスト用マスキングフィルム(シート)が登場です。
本格的なレジストフィルムでサンドブラストに活用できるのは我々にとって嬉しい限りですね。
沢山あるレジストフィルムで耐ブラスト性があるのはとても珍しいのです。
しかも、ガラス工芸での使用となると「間接法」で使用出来なければなりません。
MS8100(エムエスフィルム)は見事に叶えてくれています。

マスキングフィルムの構造について

MS8100は耐ブラスト性に優れた、アルカリ現像、
ネガ型のサンドブラスト加工用ドライフィルムフォトレジストです。
フィルムの構造図は下記のようになってます。

ドライフィルム構造

リリースフィルムがキャリアフィルムに比べて厚くなってます。(75μm厚)
この厚みのあるPETフィルムは、間接法用(ガラス工芸用)にあつらえてもらっています。
中央の感光層は超高密着性でサンドブラスト耐性に非常に優れた品質になってます。
露光後はしっかりと固まります。

<使用方法・推奨処理条件例 : メーカー技術資料より抜粋>
露光光源 : 高圧水銀灯または超高圧水銀灯
露光量 : 25~100mJ/平方㎝
現像液 : 炭酸ナトリウム水溶液 0.2wt%、20~30℃
<使用上の注意>
・ 20℃以下の冷暗所で保存して下さい。 (※冷蔵庫保管がベスト)
・ イエローランプ下、クリーンルーム(温湿度20~25℃、50~60%RH)内での使用をお勧めします。
・ 露光、現像、画像転写の諸条件は、環境に合わせて設定する必要があります。
また、現像液濃度の管理は十分に行なって下さい。

<転写画像形成例>

マスキング処理条件

サンドブラスト用ドライフィルム MS8050⟨間接法用

MS8050は耐ブラスト性に優れた、アルカリ現像、
ネガ型のサンドブラスト加工用ドライフィルムフォトレジストです。

 

エムエスフィルムの構造図は下記のようになってます。

 

フィルム構造図

 

リリースフィルムがキャリアフィルムに比べて厚くなってます。(75μm厚)

この厚みのあるPETフィルムは、間接法用(ガラス工芸用)にあつらえてもらっています。

 

中央の感光層は超高密着性でサンドブラスト耐性に非常に優れた品質になってます。

露光後はしっかりと固まります。

 

 

<使用方法・推奨処理条件例 : メーカー技術資料より抜粋>

露光光源 : 高圧水銀灯または超高圧水銀灯

露光量 : 25~100mJ/平方㎝

現像液 : 炭酸ナトリウム水溶液 0.2wt%、20~30℃

 

<使用上の注意>

・ 20℃以下の冷暗所で保存して下さい。 (※冷蔵庫保管がベスト)

・ イエローランプ下、クリーンルーム(温湿度20~25℃、50~60%RH)内での使用をお勧めします。

・ 露光、現像、画像転写の諸条件は、環境に合わせて設定する必要があります。

また、現像液濃度の管理は十分に行なって下さい。

 

 

価格・納期等についてはお問合わせ下さい。

また、ご質問等もございましたら連絡下さい。

 

<株式会社不二製作所 販売代理店>
ガラスエッチング関係の仕入れ先と販売にご利用下さい
ブラスト装置・資材販売マスクフィルム販売・指導

工房開業を支援するヘップバーン
Copyright © 2013 サンドブラストの有限会社ヘップバーン All Rights Reserved.