サンドブラストでは精度の高い原稿が作れればマスキングの可能性は限りなく広がります

サイトマップ
HepBurnの工房支援

サンドブラストで肝心な樹脂マスクの製版

樹脂マスクの画像

上記の画像をご覧下さい。
御影石に貼り付け、その後ブラストした後の写真です。
かなりの噴射時間にも耐えうる最高のマスクだと信じています。
樹脂マスクを私は信頼して使用しております。
少しこちらのマスクについて付き合って下さい。

ブラスト後の御影石

ブッラスト後の全体画像です。
黒の御影石、表札になります。
黒御影は大理石等と違い、非常に硬い石です。

ブラスト後の御影石

少し拡大したものです。
使用マスク : 100ミクロン (0.1mm)
空気圧 : 4気圧弱 噴射時間 : 45分(連続)
使用砂 : 入庫時・WA220番 (実際のブラスト内では平均320番の砂になってます)
コンプレッサー : 5馬力(3.7Kw)
あらためて、ページ冒頭の画像をご覧下さい。
細部拡大画像で分かるとおり、しっかりと石目が出ています。
マスク部分を良くご覧下さい。劣化せずにしっかりガードしています。
4気圧弱で45分間連続噴射 させた後のマスクの状態ですから驚きです。
5馬力コンプレッサーで作られる空気の量はかなりの量なのです。
信頼のマスクという意味が分かって頂けると思います。
私の相棒は非常に強いということです。
次に!
サンドブラスト加工をするにあたって一番重要なのはマスク作りといっても過言ではありません。
当然ながら一番良いフィルムを使用してほしいところです。
最先端のフィルムは本来、工業分野での精密加工用に開発されたもので、
非常に細かな線や点をマスクとして応用仕上げ出来るものです。
数あるフィルムの中で、現時点では最高のものです。
まずこれは間違いがないでしょう・・・
制作にあってのポイントを説明致します。

マスキング原稿

左の画像を原稿として出来上がりまでの説明です。
原稿作りはすべてパソコンで作って頂きます。
グラフィックが出来るソフトから直接レーザープリンターで原稿を作ります。
(慣れるまでは大変ですが、基本です)
スキャナーでデザイン画を撮り込むことも出来ますが、
やはり細かな線をエッチングする場合には綺麗な仕上がりが望めません。線は点よりも非常に難しいものなのです。
できる限り、最高の状態に近づけていきます。
その為、スキャナーを利用するのは、写真エッチングをする時だけとなります。
写真製版は線でなく点で表現できるからです。
線を克服しなければ、最高のものは出来ません。
又、コピー機を使い原稿作りも出来ますが、
綺麗な仕上げは望めません。
せっかくのフィルムを最大限に活かせるためにも、パソコンソフトからの原稿作りをして頂きます。

マスキング後

細かな線までマスクが仕上っているのがお解り頂けると思います。
このマスク作りが生命線と考えています。
2種類の厚みのフィルムから、0.05mm、0.1mmの細い線まで表現できるのが特徴です。
このフィルムから、写真エッチングは簡単に出来るわけです。
当エッチングシステムはこのフィルムを最大限に活かせるようにしたものです。
ただ、簡単に出来るものではありません。
写真エッチングのマスク作りにおいても、
ハガキサイズ位までのものであれば、
至って簡単に出来るようになりますが、
A4サイズ程度の大きさになれば色々な弊害を生じ、
きれいなマスクを作ることは難しいものです。
それは、サンドブラスト加工時にも影響が出てきます。
繊細なフィルムであるがゆえの難点なのです。
その為、当システムでは高性能製版プリンターと自動洗い流し機を開発し取り組みました。
初心者でありながら、数年前には熟練者でも作るのが困難だったマスクを作れるようになったのは、
このフィルムと高性能機械だからです。

商品へのブラスト加工

最後の画像は仕上げたものです。

エッチングをした後色付けを施しています。

精密なブラスト

スキャナーで拡大したものです。
文字部分ですが、マスクの出来が 良かったことの表れです。
フィルム画像の横に置いた1円玉と比べて、
文字の大きさを見て頂ければ・・・。

サンドブラスト工芸にガラスエッチングというものをご存知無い方にはまだご理解頂けないでしょうが、
彫刻技術習得より大切なものがこれなんです。
いくらエッチング職歴があったとしても、マスクが悪いと出来上がりは良くありません。
逆に、素人でも良く仕上がったマスクであれば良いものを作ってしまいます。
彫るという作業において80%のウエイトを占めることとなります。
開業後でないとなかなか気が付いて頂けないかもしれない奥深き技術なのです。
弊社のガラスエッチング工房支援はこちらが起点です。
私が作り出す作品と数ヶ月ですぐ同じになるでしょう。
パソコンでデザインソフトを触っていたという年期(経験)だけが上になるだけとなります・・・。

PS : 私の技術ですが、職人とはいえません。残念ながら・・・。
ただ、売れるもの作り・・・、これを作れる技術は持っているつもりです。
売れるもの作り、つまり喜んでもらえるもの作りと考えています。

<株式会社不二製作所 販売代理店>
ガラスエッチング関係の仕入れ先と販売にご利用下さい
ブラスト装置・資材販売マスクフィルム販売・指導

工房開業を支援するHepBurn
Copyright © 2013 サンドブラストの有限会社ヘップバーン All Rights Reserved.