HepBurnのお知らせ&ご連絡

サイトマップ
サンドブラストにかけるHepBurnの工房支援

サンドブラストを行うHepBurnの項目別記事

マスクフィルム10mの切売りについて


巻心棒が無くなり、筒状段ボールに入れて納品させて頂きました。
どうしようか悩んだ際、苦肉の策になりました。

ご理解の上、ご発注して下さい。
心棒がある時は使用しますが、無い時は下記のような送り方になってしまいます。

mask01.jpg

マスクフィルムを10mに諮り切りした後、段ボールの中に入れます。
届き次第、お手持ちの心棒に巻き直しして頂く必要がございます。

基本的には30M巻(メーカー製造)が商品です。
当方のフィルム保管は厳重で、劣化の進んだ商品は納品しません。。
国内生産品の為、長く寝かせたフィルムもございません。
できれば30M巻のフィルムを購入して頂けると幸いです。
現在、冷蔵庫保管で1年以上問題なくお使いになられているところもございます。
ご安心下さいませ。

どうぞ、マスクフィルムの切売りについてご理解下さいませ。
よろしくお願いいたします。


エムエスフィルム入荷してます


お待たせしておりましたMS8050(50ミクロン)、マスクフィルム入荷しました。
30M依頼のところを10mにして頂いたお客様にはご迷惑おかけ致しました。

今年の最終出荷が明日30日になります。
年明けは5日から営業となります。

現状、100ミクロンと50ミクロンフィルムの両方共、
30m巻の即出荷が可能な状況になっています。

1?4月が記念品の需要が高く、サンドブラスト業界は忙しい時期に入ってきます。
マスクフィルムも無くなってからではなく、余裕をもって注文頂けると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


注)マスクフィルム、納期のご連絡


現在、50ミクロン(MS8050)マスクフィルムの在庫切れになりました。

今週に新しく入荷しますが、予約の方への納品で在庫が無くなります。

次回の入荷が、12月22日頃になります。

どうぞご了承下さいませ。

在庫がある時は、直ぐに出荷させて頂いておりますが、
このような事態が起こってくる時がございます。
何卒、いつも直ぐに納品できない時があることをご理解下さい。

「マスクフィルムが無くなりそうなので直ぐに送って欲しい」
といったご注文が多いのですが、余裕を見て頂けるようお願いします。

出来るだけ早めのご注文を頂ければ幸いです。
また、前もって予約して頂いても構いません。

マスクフィルムも頂くオーダーが重なってくることがあるんです。
いつもごひいきにして下さるお客様に待って頂くことは非常につらい時がございます。
心苦しいのですが、ご理解下さいませ。

100ミクロン・MS8100の在庫は大丈夫です。
名入れの仕事はこのフィルムあってのサンドブラストですから・・。

重要な連絡とさせて頂きます。


MS7000シリーズについて


専門的に「DFR」と呼ばれているのは、ドライフィルムレジスト。
でもレジストフィルムやマスクフィルムの方が馴染んでいる感じです。

工業用として直接法に使う、MS7100とMS7050も取扱いしています。
取扱いサイズ <254?幅 × 30m巻>

プリント基板等に使用する為、解像度とブラスト耐性が求められます。

MS8000シリーズと同じく、サンドブラスト加工用の厚膜タイプアルカリ現像型ネガ型ドライフィルムフォトレジストです。
シリコンを使用していないのも特徴です。
主流となってきた三菱製紙(株)製品で国内生産品となります。

・MS7000シリーズ → 直接法使用
・MS8000シリーズ → 間接法使用

ガラス工芸だけでなく、広い工業用分野での使用は広がってきています。
当然ながら私は三菱製紙を応援していますし、期待しています。

まだ企業の中には、オーディル(BF)だけしか知らない会社もあるでしょう。
実際、他に良いドライフィルムレジストがないか探している企業が出てきていますね。
頭が痛いのは、商社関連ではないでしょうか・・。
商社にとっては良い商材が欲しいですからね。

平行光を光源とした露光装置を設備された企業様であれば、
解像度の品質が確かであることが分かって頂けます。
オーディル(BF)より、忠実なパターンが解像出来るはずです。

進化したドライフィルムレジストがあることを知って欲しいです。

日時:2015年8月20日 14:38
続きを読む"MS7000シリーズについて"

お知らせ! MSマスクの10m巻きについて


10m巻きは、ご存じの通り、弊社で切売りしているものです。

正規サイズの巻棒があれば使用しますが、サイズが違う時もございます。
現在のところ、下記の画像の巻棒でお送りしています。
少し長くなりますが、ご了承下さい。
冷蔵庫に入らない時は、お使いになられている規格サイズの巻棒に巻き直して下さい。

makibou.jpg


紙製(段ボール)の巻棒を作ろうか思案もしています。
ただ、この巻棒はマスクフィルムにとって大きなデメリットがございます。

冷蔵庫から出した後、フィルムに沢山の汗をかきます。
温度差により、空気中の水分が付くのですが。
この水分を段ボールが沢山吸収するのです。
マスクフィルム筒状の中心から徐々に湿気となりフィルムに浸透していくことになります。
冷蔵庫から何度も出し入れを繰り返すうちにフィルムはどんどん劣化していきます。
消費期限を早める危険性があるのです。

軽くて便利ですが、もしお使いの方は直ぐに取り換えて下さい。
また、覚えておいて下さい。

研磨剤が値上げです


円安の影響がサンドブラスト業界の中にまた一つ。
4月1日より研磨剤が値上げとなります。

WA(ホワイトアランダム)25kg 9700円 → 10025円

1Kg当たり13円の値上がりですからあまり影響はしないと思います。
エッチング業界では問題ないかも知れません。
工業用のサンドブラスト加工だと研磨剤もたくさん使用するから厳しいのではないでしょうか。

中国の電気料金と人件費高騰を考えると、今後はジワジワと上がりそう。
マスクフィルムも今後はちょっと心配ですね。

必要なのはサンドブラスト加工賃もこれまでと同じではいけませんね。
見直さないと・・・

日時:2015年2月25日 12:58
続きを読む"研磨剤が値上げです"

MSマスクフィルム価格変更について


「ドライフィルムレジストMSシリーズ」の販売価格が値上げになります。
11月1日から変更となりますが、どうぞご了承下さいませ。

アクリル樹脂の原材料調達コストのアップ、
円安による石油化学製品値上げ等、諸々の生産コストの上昇が影響しているようです。

昨今の状況をみると仕方ないところかな・・、と個人的には思います。
サンドブラストする方にとっては辛いところではありますが、
これまでオーディルと比べるとずいぶん安かった点を評価して下さい。

マスクフィルムについてご不明点がございましたら
どうぞ問い合わせ下さい。


マスクのバナー使って下さい


お店に使って頂けるマスクフィルムのバナーを作りました。
ぜひお使いになって下さい。
報告して頂く必要はありません。

ms8100.jpg


ms8050.jpg

お客様には、実際どのように加工されていくのか分かりません。
サンドブラストは何処も同じと考えられているかも知れません。
こんなに大きな違いがあるのに・・・。
寂しいですが、現実です。

貴方が作業に気を使い、ワンランク上のエッチングをされたとします。
お客様から見るとどうでしょう・・・
ネット上で違いは、何も分からないでしょう。

品質の良いマスクを使用していることは、伝えても良いのではないでしょうか。
確実に違った技術になる訳ですから、やはり違いを伝えるべきだと思います。

貴方が取り組んでいるマスクフィルムを知って頂くだけで、お客様は安心して頂けると思います。
バナーを見て、まず「何だろう?」って思われるでしょう。
「当店使用」という文言でバナーの意図は分かってくれるはずです。
少しでもお店の情報を知りたいのが、お客様なんです。
情報として「レビュー」を見ることで安心へと繋がるのも同じですよね。

貴ショップの技術が堂々としたサンドブラスト加工であることを伝えて下さい。
他ショップと差別化を図り、お客様へ安心を伝えて下さい。
ちょっとした視覚効果が得られると考えています。


MSマスクフィルムの緊急ご連絡


いつもお世話になり有難うございます。
マスクフィルムの在庫の関係でお知らせさせて頂きます。

 

時期入荷が8月5日の予定です。
現在、ご予約承っております。

 

弊社の在庫が、現在限られてきました。
MS8100(100ミクロン)は、あとわずかです。
10mの切売りになりますがご了承下さい。
これまで購入頂いているお得意様には対応させて頂きますが、
新規のご購入希望様には、申し訳ございませんが、時期入荷をお待ち下さいませ。

 

MS8050(50ミクロン)も余裕のない状態になってます。
即納出来ない場合もございますが、ご了承下さい。

 

これまで購入して頂いている方を優先したいのですが、
もの点だけはご理解下さいませ。

 

今月末に新しく生産されたマスクフィルムが8月5日に入荷します。
予約もお受けしますのでご検討よろしくお願い致します。

 

( 2014 7月24日 )


訳有りの中古機械が入荷!


中古機械といっても未使用装置が入荷しました。
ただ、キズは付いているから訳有り品ってことになりますね。
製造も数年前になりますが、中味はバッチリ。

なかなか出回らない程度の良い機種になります。

sfk2.jpg

 

これに下記のどちらかをセットして、最適なサンドブラストが出来るように組んでみることにしました。

 

弊社で販売していた機種(富博産業製)で弊社で現在使用しているA3サイズ製版プリンターです。
まだ使用感の少ない装置です。

seihan1.jpg

 


または、中古の露光機とフィルム乾燥機との組み合わせになります。

rokou1.jpg

 

どちらにしても良い感じの組み合わせです。

お問合せお待ちしております。