HepBurnの2015年9月の日誌

サイトマップ
サンドブラストにかけるHepBurnの工房支援

サンドブラストの工房開業を支援するHepBurn月別記事

陽気に誘われて・・


世間ではシルバーウィークと言うらしい。
心地よい陽気が続いています。

ついついバイクで散歩に出てしまいました。
気が付けば石水渓という所に・・・。
源流を目指した訳ではないが、道があるからどんどん登る。
「サルに注意!」の看板はあまり良い気がしない。
「この先通り抜け出来ません」の看板はどうなっているのか気にかかる。

結局、オフロードのバイクでないと進めない道に変った為にそこで断念。
bk1.jpg


まあ、どうでもいいような内容のひとりごとでスミマセン。
いつも注意していることはあります。
バイクで絶対にケガしないようにしていることです。
サンドブラスト作業が出来なくならないよう、けっこう注意しています。

ブラストしている方は皆さん同じでしょうね。
ケガや病気には神経質になってしまいますよねえ。

明日は何しよう? サンドブラスト関係のことしよう!
2015年9月22日

ガラス破損の危険性


先日テレビを見ているとガラス破損について放送されていました。
消費者庁でも注意を呼び掛けているようです。

私も強化ガラスの破損事故は危険だと考えています。
「キズが見つかったら使わないように」とテレビでも言ってました。

ちょっとした衝撃で一気に割れるのが強化ガラスです。
私達は、ガラスにサンドブラストでキズを付けているのです。
知らなかったでは済まされないのです。

強化ガラスは普通のガラスより強いと勘違いしている方もあります。
気を付けましょうね!
耐熱ガラスも同じです。
赤ちゃんが使うほ乳瓶には絶対にブラストしてはいけません。
耐熱用のガラス製ティーカップにもブラストはしないで下さい。
危険と感じた時は、メーカーに問合せして下さい。
大丈夫と言ってくれるところは無いと思いますが、知識は身に付く思います。

この事は、以前にも書かせて頂いたことがあります。
安易な考えは止めて欲しいものです。
一つの事故が原因で、「サンドブラストは危ない」ってことになってしまうと思うのです。
我々の業界の為にも心掛けていかなければなりません。

やっぱり気になるのは、ほ乳瓶へのブラスト。
熱いお湯を入れたほ乳瓶、水に漬ければ一気に割れるのではないかと想像します。
赤ちゃんの顔の上で割れたらどうなるかと考えれば怖くなります。
事故はふとした事で起こるものだと考えるべきではないでしょうか。

同じくシャンパン、スパークリングワインへの彫刻は止めるべきです。
今一度、以前に書いたワイン彫刻への注意喚起のページをご覧下さい。
見てない方は必見です。 (古い書き込みから読んで下さい)


皆さん、安全を重視したサンドブラスト加工をやって行きましょう。
たくさんの記念品を良いかたちで出荷しましょう。
2015年9月 5日