腹立つおこぼれ仕事頂いてます怒!

サイトマップ
サンドブラストにかけるHepBurnの工房支援

マスキングフィルムも販売するHepBurnブログ記事

腹立つおこぼれ仕事頂いてます怒!


プライド持って仕事しろよ!って感じたことがありました。
しかもこの7月2回もです。

お客様から注文頂いたのは良いのですが、こんな感じです。

1件は、「引き受けてくれるところが無く困っています。」
2件目は、「何件かあたってみたのですが、全て断られました。」

こんな注文が、2週間で2件とは週一ペースですよね。

2件とも持ち込みデザインをブラストして欲しいという依頼です。
商品は、ボトル彫刻とグラスへの彫刻です。
どちらも難しい彫刻に変わりがありませんが、何故断るのだろう・・・
こんなことで良いのだろうかと感じてしまいます。

そんなにレベルの低い工房さんが多いのだろうか・・?
細かなエッチングが出来るところは増えているはずだと思うのですが、何故だろう・・?

考えられる原因として考えてみました。
1.デザイン原稿を見た瞬間、無理と感じた。
2.これはリスクが大きいから止めた方が無難だと感じた。
3.ブラストまで出来るが、難しいことまでしなくても良いか。
以上のどれかに該当するでしょうね。

原稿の持ち込みってところが嫌なのでしょうね。
簡単なロゴマークの持ち込みならOKでしょうが、そんなに上手くはいきませんよ。
パソコンでのデータ処理がイマイチって工房さんも多いかも知れませんね。

私の場合、とりあえずサイズに合わせた原稿を作り、
トレぺに印刷までしてから、じっくりと見極めてからお客様に返事を致します。
例え、それが1時間係ったとしてもです。(注文に至る前の問合せ段階であっても・・)
jpeg画像のまま印刷したり、アウトラインを取ってから印刷したり、諸々の最善を尽くします。
お客様の要望に近づけるようにします。
そしてサンドブラストで出来ない箇所はちゃんとお伝えするようにしています。
後になってから出来ない、なんて言えないじゃないですか・・・
採算に合わない時もありますが、これがオーダーメイドじゃないでしょうか。

でも私、偉いでしょ。
この2件、処理しましたよ。
何処かのサンドブラスト工房さんの後始末・・・。

だから、おこぼれ仕事って書かせて頂いているのです。
ちゃんと利益は出していますからご心配なく。

でも、もっとプライドを持てよ!って声を大きくして言わせてもらいます。
日時:2015年7月18日 02:21