ベテラン工房さんとの話

サイトマップ
サンドブラストにかけるHepBurnの工房支援

マスキングフィルムも販売するHepBurnブログ記事

ベテラン工房さんとの話


つい先日、ベテラン工房さんと電話で話をした時のことです。
「近くにブラスト加工を手伝ってくれるような工房はないだろうか・・・?」
忙しくて手に負えない時、手伝ってくれる工房が本当に欲しいようなのです。
「近隣地域で紹介出来るようなところ無いんですよ・・・」
って返事するしかありませんでした。

 

この方は本当の職人さんであり、サンドブラストの鬼みたいな人なんです。
愚痴を言い合って楽しめる知人でもあり、尊敬している方です。
この方と同じようなレベルの工房は全国にも数件あるかないか、
それくらいハイレベルで仕事をされていらっしゃいます。
同レベルでなくても、今後レベルアップしていくであろう工房ならぜひ紹介したいところです。
私もこの業界でもっともっと認知されるようにならなければと考えています。
難しいことですけどね・・・

 

「何故、もっと追及していかないのだろうか?」
「どうして現状で満足しているのだろうか?」
といったサンドブラストをしている後輩達への意見がありました。
確かに私も同意見。

 

サンドブラストの名入れ依頼は右肩上がりのようです。
加工先を探している会社も困っているようなのです。
ところが依頼主は安心して依頼できるところが無いんです。
ちゃんと見てるところは見て判断しているのですね。
結局、この方に一極集中してしまうってことに。
依頼する側であるプロの目から見れば、貴方の工房はどのように映るでしょうか・・
自信はありますか?
たかが文字入れ加工、だけど奥深いものがあることを知って下さいね。

 

ネットで独自に販売出来るようになってしまった昨今が、
ブラストの向上心を妨げているのではないかといった話も出ました。
売れればOKみたいなところがあって、技術アップよりも販促に対する向上心だけが湧き上がるみたいな。

 

これでもか、これでもかってやって来られた方には、技術と経験が財産となったのではないでしょうか。
下請けの加工業者でも信頼を勝ち取れば、おそらく加工賃もそこそこ頂けると思います。
次から次へと仕事が舞い込んでくる。
その都度、苦労苦労の連続にはなりますけどね。
納期に間に合うか、原稿にミスは無いか、順次にチェックはしたか、等々。
このような工房があるのも知っておいてほしいです。

 

で、最後に話したこと。
「いつになっても失敗はしちゃうね」ってこと。
イージーミスは誰しもやってしまうってことですね。
ハハハ。

 

日時:2014年6月17日 19:07