「目からウロコ」は勘弁して・・・

サイトマップ
サンドブラストにかけるHepBurnの工房支援

マスキングフィルムも販売するHepBurnブログ記事

「目からウロコ」は勘弁して・・・


少しづつ寒さが感じられるようになってきましたね。
10月下旬だし、当り前か。
今冬は寒くなりそう

 

今月は、数時間かけて遠方よりお越し頂いた工房さんがありました。
プチ研修をさせて頂いたのですが、今後どうなっていくかを見守りたいところ。
サンドブラストの機械を買われたのが、何年も前ですね。
やめられずにポチポチと続けられてきたようです。
いまわしいご時世だったエッチング氷河期に始められた、つらい思いをされた工房さんの一人です。
当時のことを思い出されては、少し目に涙を浮かべられていました。
機械販売だけが先走り、たくさんの工房が憤りを感じていた時代です。
毎月、何処からか一人は相談に来て「代理店に入ったのだが、どうしたら良いのだろうか?」
こんな感じで途方に暮れて、駆け込み寺のように弊社に来られたものです。
心も金銭も底を尽き、見ている私も辛かったです。
サンドブラストはあきらめて、就職に就くことをお勧めするしかなかった・・・

 

「目からウロコ・・」、久々に聞く言葉でした。
今回来られた工房さんから出てくる言葉なんですが、皆さんは使いますか?
私は嫌いな言葉になってます。
上記にも書きましたが、たくさんの工房さんが来られた時代に、
なぜか誰しもこの同じ言葉「目からウロコ・・」が頻繁に出るんですよ。
当時、機械販売が主役だった頃の販売用語が、なぜか業界用語に変わって行ったのではないでしょうか。
私はサンドブラストを始めた経緯が違っていますからこの言葉は知りませんでした。
初めに聞いた時は、優しい良い言葉だなと感じましたけどね。
工芸から始められた方達からは絶対に聞かれない言葉。
方言で出身地がわかるのと同じような感じですね。
あんまり使わない方が良いと思いますよ。
ウロコではなく、本当に悲しい涙を流された方のことを思うと・・

 

ガラスエッチングという言葉より、私はサンドブラストの方が好きですね。
知り合いの石材関係の方ですが、サンドブラストをする方を彫師という呼び方をしています。
その方は事業主さんですが、彫る方をちゃんとリスペクトされています。
良いことですよね。
ガラスエッチングだとちょっとだけちゃらい感じがするのは私だけでしょうかねえ・・

 

明日もまた、近県の工房さんがお越しになられます。
ちょっと行き詰った感じなのでしょうか。
横のつながりが少ない業界ですから、情報不足なんだと思います。
完全独立は難しいものですね。

 

ここ数年はサンドブラストも認知されてきているのは確かなこと。
さあ、頑張りましょう!!!

日時:2013年10月21日 14:12