不二製作所がテレビに出てたよ

サイトマップ
サンドブラストにかけるHepBurnの工房支援

マスキングフィルムも販売するHepBurnブログ記事

不二製作所がテレビに出てたよ


今朝の番組「がっちりマンデー」で不二製作所が取り上げられていました。
視察が殺到する会社ということで取り上げられ、天皇陛下も視察されたことがあることを紹介していました。
浅草寺の屋根にもサンドブラストして軽い瓦を造ったそうです。
最新技術だよ。こんな瓦があったとは。
以前お邪魔した時にこんな研磨材があるのか?と感じたものでした。
シリコンゴムに研磨材が練り込まれていたんですよ。
磨き上げる新しい方法だったのだぁ。
なんか嬉しいね、私としては

 

弊社が代理店をしているから言うのではく、本当にしっかりした会社なんです。
日本一のサンドブラスト技術がここにはあります。
様々な加工をして、ノウハウを持った中でブラスト機械も製造しているのです。
ブラスト機械の性能の違い、ぜひ知ってもらいたいところですね。
まだまだ砂(研磨材)の選び方が分からないエッチング工房さんは多すぎると感じています。

 

 

話は変わりますが、先日知人宅でのこと。
部屋の片隅にエッチング商品を発見!
グラスに彫られた記念品でした。

なな・・なんだこれは!
あまりにも寂しいエッチング記念品。
ただ記念の文字が入っているだけではないか。
サンドブラストした彫刻感も全然出ていない。
作りやすい為なのか、やたらと大きな太い文字の羅列。
10年前は良く見かけたエッチングですが、久々に見たレトロなエッチング。
ただの文字入れ加工であったとしても、精細な仕上りにしたいですよね。
最近はマスクフィルムの進化によってずいぶん繊細な仕上げが可能になったものです。
ありがたいことですよね。
でも現在のマスクフィルムが無くなったとしたら・・・
また、レトロなエッチングに戻ってしまうのだろうかと考えると怖いものがありますよね。
こんなこと考えたことあるかなぁ、皆さんは。
おそらく、レーザー彫刻に乗っ取られてしまうと思います。
怖?い。
サンドブラスト彫刻にしか出来ない特徴を生かした商品作り、皆さん頑張りましょうね!

日時:2013年9月22日 14:47